アトピー性皮膚炎

アトピー性皮膚炎 乳児

生後4〜5ヶ月を過ぎた頃から発症し始める乳児のアトピー性皮膚炎。
もともと持っているアレルギー体質に、外界のいろいろな刺激を受けることによって、
アトピーとしての症状が現れてしまいます。
残念ながら、原因の特定は難しいですが、アレルギー要因の代表的なものには
食物やダニなどが考えられますので、症状を悪化させないように、
離乳食や生活環境に気を配らなくてはなりません。

 

最初は頬に現れた赤い斑点は、やがて下顎、額、頭部にまで広範囲にわたって広がり、
かなり強いかゆみを伴うので、掻き毟ったりするようになります。
掻き毟りがさらに発疹を悪化させてしまったり、別の感染症を招いてしまうので、
ミトンなどで手を覆ってあげるといいですね。

 

 

 

 


 
トップページ 人気ランキング1位 人気ランキング2位 人気ランキング3位