アトピー性皮膚炎

アトピー性皮膚炎 症状

アトピー性皮膚炎の代表的な症状は、「発疹」と「かゆみ」です。
年齢によって症状の度合は様々ですが、かゆみの辛さは本人にしかわかりません。

 

発疹が現れる部位も、年齢によって変わります。
幼少期には、首の回りや肘膝関節の裏側を中心とした湿潤型、
思春期以降になりますと、頭皮や額、肩、内腿、内椀に見られる乾燥型というように区別され、
幼少期は乾燥する冬場に悪化する傾向がある反面、
思春期以降は、汗をかきやすい夏場に悪化するという特徴があります。

 

かゆみを伴う発疹は、幼少期は2ヶ月以上、思春期以降は半年以上続き、
症状が落ち着くまでは、ステロイド剤や抗アレルギー剤に頼ることになります。
慢性化すると、皮膚が硬くなり鳥肌のようなざらざらとしたものが残ってしまいます。

 

 


 
トップページ 人気ランキング1位 人気ランキング2位 人気ランキング3位